ムビラ演奏会

20日午後7時より本堂でムビラの演奏会を開催しました。
演奏者のスミ・マズィタテグルさんは愛媛県松山市のご出身で、世界中を旅する途中アフリカ・ジンバブエにてショナ族の伝統楽器「ムビラ」と出会い、その魅力に魅せられたそうな。全国を演奏して、様々なアフリカンイベントにも参加されているそうです。
ムビラは別名指ピアノとも呼ばれ、「カリンバ」という名称の楽器の仲間です。鉄棒を延ばして板状にしたものを指で弾いて音を出します。原始的ではありますが、野趣溢れる独特の音を奏でます。
アフリカでは、先祖の精霊と交感する際にムビラを用いるのだそうで、スピリチュアルな楽器でもあります。今回、ご縁があって實相寺本堂で演奏会を開催する機会を得ました。折角ですので演奏の前に参加者全員で10分程坐禅しました。少し、皆さんにスピリチュアルな雰囲気を楽しんで頂けたのではないかと思っています。
皆さん有り難うございました。

00280421-070728.jpg

00280421-070750.jpg

00280421-070759.jpg